トップ

アメリカンサンド

偏食でも健康を保てる 

近年、栄養バランスが良い食事は必要がなく、偏食でも健康を保てることが注目され始めています。しかし、偏食的な食事方法は伝統的なもので、近年に始まったものではありません。野生動物の多くはかなり偏った食生活をしていますが、健康的です。例えば、コアラはユーカリしか食べませんし、牛なども基本的には牧草ばかり食べています。ゴリラなどもフルーツが主体の食事でかなり偏っていると言えるでしょう。人間でもエスキモーや原始人は特定の食べ物ばかり食べていますが、元気です。ただし、スナックなどの体に悪いものばかりを食べていると体調を崩すので、注意が必要です。体に良い、自然なものを食べる必要があるからです。

偏食を防止するためには 

偏食は栄養バランスを崩してしまい、健康に良くありません。ですが、偏食をなくすには本人の努力と周囲の協力が必要不可欠です。子供が嫌う食材を食べやすいように調理するといった親の工夫はもちろん、大人であれば意識的に同じ食材や料理を選ばないようにしたり、規則正しい生活を過ごす事が健康への第一歩です。おやつに代謝をスムーズにしてくれる消化酵素をふくむ果物を選ぶだけでも体をいたわることができますが、最も大事なことは楽しく食事することです。険悪な雰囲気やひとりぼっちで食べる事はせず、今日の糧を美味しくいただきましょう。

栄養バランスと健康情報

新着情報